MALK
  1. HOME
  2. MALKPAGE
  3. イマジネーション料理部#8

イマジネーション料理部#8

料理研究家でもプロの料理人でもないただの自炊料理人Uちゃん。

UちゃんとKちゃんの会話を通じて織りなすお料理ストーリーがはじまります。

お料理の中に遊び心があるUちゃんにMALKスタッフも興味深々!

今回はさらにUちゃんらしさと楽しさで溢れていますよ!

 

EPISODE  8

「ねぇ、いまハマってるものある?」から始まるクラブ活動

ー 焦がしバター醤油と白い円柱 ー

 

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

のどかな休日の昼下がり。

MALKスタッフUちゃんの大好きな、穏やかでのんびりとしたひととき。

どこからかお馴染みの着信音(イヌの鳴き声)が聞こえてきます。

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

大きくカットした梨を頬張りながら電話に出るUちゃん。

 

ワン・・

 

U : はい。

 

電話の主はいつも通り、MALKの同僚Kちゃんだ。

 

 

K : あ、もしもし、Uちゃん? いま何してるの?

 

U : とくに何もしてないよ。 梨食べてたところ。

 

K :わ〜いいなぁ。 梨って美味しいよね。

 

U : 梨とか葡萄とか美味しい果物の出回る季節だから、このところお財布と相談する機会が多くなってる。

 

K : わかる。 果物って日常のちょっとした贅沢品だもんね。 

 

U :うん。 いまの時期はいろんな面で味覚の秋と勝負してる感じ。

 

K : あはは。 確かに。 ねぇ、秋の味覚と勝負中のUちゃんは、いまハマってるものある?

 

そう、Kちゃんの話はいつだって急展開。

しかし、そんなことは全く気にせずUちゃんは即答する。

 

U : あるよ。

 

K : 果物かな? 

 

U : 果物もいいけど、ハマってるのは白い円柱。

 

K : 白いえんちゅう?

 

U : そう。 それを集めて焦がしバター醤油でっていうのが最高。

 

K : 焦がしバター醤油はわかるけど、えんちゅうって何のこと? あと、あつめる?

 

U : 円柱状の食材のことだよ。 最近特に好きなのは長芋かなぁ。 輪切りにしてね。

 

K : えんちゅうは、野菜の輪切りのことなんだ! それをどうしてるって言ったの?

 

 

Kちゃんは、なぜかいつでも同僚Uちゃんの自炊料理に興味津々。

つくり方を聞きだすことも、すっかりクセになっているようだ。

 

 

U : いろんな食感の白い円柱を集めてバターでじっくり焼いて、食材もバターもこんがりしてきたら最後にちょっと醤油を加えるの。 で、じゅわじゅわ〜ってしつつお皿へ・・・

 

K : じゅわじゅわ〜ってすごく美味しそうな響き。 で、いろんな食感のというのは、長芋だけじゃなくて、いろんな白い野菜を輪切りにして焼くってこと?

 

U : Kちゃん。 白い円柱は、野菜とは限らないよ。 想像してみてよ、世の中の白い円柱について。

 

K : 世の中の、白い円柱について・・・。 なんだか壮大な話になってきたね。

 

U : 例えば、帆立の貝柱。

 

K : あ、確かに。

 

U : そしてエリンギ。

 

K : 本当だ。 軸の部分が、白い円柱だ!

 

U : それから、海辺の灯台。

 

K : え!?  

 

U : あははは。 これはただの想像。 まだまだあるよ、白い円柱。 ギリシャの神殿の柱、きりたんぽ、白いクレヨンとか飛行機とか素麺とか。

 

K : ・・・Uちゃんはいつも楽しそうだね。

 

U : そうだね。 わりといつも楽しいかもね。 

 

K : で、その中から食べられそうな白い円柱を選んで料理してるんだ。

 

U : そう。 いまハマってるのは、長芋と帆立の貝柱とエリンギ。 見た目が似ていれば似ているほど食べるとき楽しいよ。

 

K : どうして?

 

U : 口に入れて噛むまで、これ何かな〜?ってワクワクするから。

 

K : なるほど。

 

U : あと、白い円柱の食材って焦がしバター醤油味に合うと思わない?

 

K : そうなのかなぁ・・・? いまは即答できないけど、あとでちょっと想像してみるよ。

 

U : 白とこんがりした茶色と焦がしバターの琥珀色、それにちょっとネギとか緑色のものを加えると、見た目も綺麗で美味しいよ。

 

K : ふむふむ。 いろどりも美味しさの一部だもんね。

 

U : そういえば、最後にスダチを加えるのが一押しだよ。

 

K : ほう。 確かに柑橘の味と香りを加えるの美味しそう。 緑色のスダチをお皿に添えたら綺麗そうだし。

 

U : お!その通り。 コッテリ、サッパリ、コラボでバッチリ。

 

K : わわ!韻踏んでる!? 

 

U : ふふふ。 芸術の秋。

 

K : あははは、それいいね。 じゃ、早速白い円柱について考えてみるよ。 またね〜

 

U : またね〜 

 

 

のんびり穏やかな休日の昼下がり。

 

梨を頬張り、しゃりしゃりした食感にあらためて魅了されるUちゃん。

 

そういえば、「白い円柱」みたいな見た目の話は、みんなある程度共通で認識できるけど、食感(例えば、このしゃりしゃり感)に関しては、みんな実際はどんなふうに感じているんだろう・・・?

答えの出ない謎に思いを巡らせつつ、引き続き秋を満喫するのでした。

 

 

 

 

 

 

とある休日の昼下がり

MALKスタッフUちゃんとKちゃんにより密かに行われているクラブ活動

それが、イマジネーション料理部

 

つくるひとは、料理研究家でも(もちろんプロの料理人でも)ないMALKスタッフ

 

一般自炊料理人、Uちゃんのつくるお料理を

Kちゃんと一緒にイマジネーションして楽しんでみませんか?

 

この新感覚のお料理コーナーは、またいつか更新される予定です

次回もどうぞお楽しみに

 

※ この物語は、事実を織りまぜたフィクションです