MALK
  1. HOME
  2. MALKPAGE
  3. イマジネーション料理部#4

イマジネーション料理部#4

 

料理研究家でもプロの料理人でもない

ただの自炊料理人Uちゃん。

MALKスタッフのUちゃんとKちゃんの

会話を通じて織りなすお料理ストーリーがはじまります。

今回はMALKスタッフにも可愛がられている

あの子がメインのようです!

どんなお料理と一緒に登場するのか楽しみです。

 

 

EPISODE  4

「ねぇ、いまハマってるものある?」から始まるクラブ活動

ー MALKノベルティ、ネコタンブラーの愉しみ ー

 

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

のどかな休日の昼下がり。

MALKスタッフUちゃんの大好きな、穏やかでのんびりとしたひととき。

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

食後のちょっとした愉しみの支度を終えたタイミングで、鳴リはじめる電話。

 

ワン・・

 

 

U : はい。

 

 

電話の主は、MALKの同僚Kちゃんだ。

 

 

K : あ、もしもし、Uちゃん? いま何してるの?

 

U : とくに何もしてないよ。 食後をもうちょっと愉しもうかと思ってたところ。

 

K : Uちゃんさぁ、この間MALKのネコアイテム爆買いしてなかった?

 

U : してたよ。 Tシャツ4色、トートバッグ3色、全パターンもれなく入手。

 

K:あははは。 すごいね。 Uちゃん動物好きだもんね。

 

U : うん、今年は特にネコにハマってて、Tシャツとバッグはほぼ毎日使ってる。 ノベルティでもらったネコタンブラーも愛用してるし。

 

K: それ知ってた。 今期のMALKはネコみたいな癒されアイテムも豊富だし、オススメ満載だよね。 ねぇ、ところでUちゃん、いまハマってるものある?

 

 

そう、Kちゃんの話はいつだって急展開なのだ。

しかし、そんなことは全く気にせず即答するUちゃん。

 

 

U : あるよ。

 

K : おお。 なになに?

 

U : MALK、ネコタンブラーのネコのあつかい。

 

K : え! タンブラーに入れるものじゃなくて、プリントしたネコのあつかい!?

 

U : うん。 最近暑くなってきたし、出勤とか散歩とか移動の途中で水飲みたくなるでしょ。

 

K : なる。 

 

U : そういうときに、水だけじゃなくてネコも愉しむ方法、いろいろ試してる。

 

K : そういえば、この間ハーブみたいなの入れてきてたね。 あれ、おいしいの?

 

U : うん。 あれはネコが草影からこちらの様子を窺ってる感じも最高。

 

 

Kちゃんは、なぜかいつでも同僚Uちゃんの口にしているものに興味津々。

ちょっとしたつくり方を聞くこともクセになっているようだ。

 

 

K : あははは。 中に入れてたハーブ水みたいなのは、どうやってつくってるの?

 

U : 夜寝る前に、洗ったハーブと水をタンブラーに入れて一晩冷蔵庫にしまっておくだけだよ。 移動中飲むと口がさっぱりして良いし、すぐに飲みきれる量なのも気に入ってる。

 

K : そっか。 確かに、あのタンブラーは持ち運びにも便利なサイズ感だし、軽いから案外使い勝手いいよね。

 

U : うん。 外出中は色々スッキリしたくて飲むことも多いから、ハーブを入れておくとほんのり香って気分転換にもなるよ。 最近はローズマリーがお気に入り。

 

K : ついでにイラストのネコも確認できるしね。

 

U : そう。 あの草影からコチラを窺ってる表情、すごく良いんだよね。

 

K : マニアックだわ〜。 でもちょっと興味わいてきた。

 

 

 

 

U : あと、最近は家でも愉しんでるよ。

 

K : え? 何を?

 

U : ネコタンブラーのネコのあつかい。

 

K : ほぅ。 それは一体どんなあつかいなの?

 

U : ジャムとプレーンヨーグルトをタンブラーに入れてスプーンで混ぜるの。 で、その色が混ざる途中のネコの表情を見て遊ぶっていうやつ。

 

K : 何それ〜!? だって、表情はかわらないでしょ!?

 

U : それが、不思議とかわって見えるんだよね〜。

 

K: ほんとにぃ!? どんな風に?

 

U : 『え? タンブラーの中に何入れたの!? ちょっと怖いけど、怖がってるとは思われたくないな。 でも、変なものだったらどうしよう・・・』 って見えるよ。

 

K : あはははは。 変なの〜。 でも、確かにあのネコの顔そんな風にも見えそう。

 

U : やってみて。 見えるから。

 

K : ちょっと面白そう。 やってみようかな。 ちょうど今週入荷のワンピース欲しいと思ってたし、ネコタンブラーももう少しありそうだもんね。

 

U : あーーー! そう言えば、さっき苺ジャムとヨーグルトをタンブラーに準備したところだったんだ。

 

K : お、そうなんだ。 だからさっき「食後をもうちょっとタノシム」とか言ってたんだね。

 

・・・・・・・・・

 

K: あれ? Uちゃん? Uちゃーん、あれれ? 電話、切れちゃってるよ〜。

 

 

すっかり忘れていた愉しみのことを思い出し、通話終了画面に触れてしまったことには全く気付かず、熱心にタンブラーのネコを見ながらヨーグルトを混ぜ始めるUちゃん。

 

 

やはりこの色が混ざるときのネコの感じ、いいんだよなぁ。

 

 

ふと電話が切れてしまっていることに気付き、Uちゃんは思う。

 

そうだ、今度Kちゃんにジャムは案外簡単に作れることを紹介してみよう。

甘さもとろみも自分好みにできるジャムはKちゃんも気に入りそうだし、知らぬ間に電話が切れてしまったことも、きっと許してくれるだろう・・・

 

 

※ 混ぜるスプーンは、タンブラー内に傷をつけない材質のものがオススメです。

 

 

 

 

 

とある休日の昼下がり

MALKスタッフUちゃんとKちゃんにより密かに行われているクラブ活動

それが、イマジネーション料理部

 

つくるひとは、料理研究家でも(もちろんプロの料理人でも)ないMALKスタッフ

 

一般自炊料理人、Uちゃんのつくるお料理を

Kちゃんと一緒にイマジネーションして楽しんでみませんか?

 

この新感覚のお料理コーナーは、またいつか更新される予定です

次回もどうぞお楽しみに

 

※ この物語は、事実を織りまぜたフィクションです