1. HOME
  2. MALKPAGE
  3. イマジネーション料理部はじまりました

イマジネーション料理部はじまりました

料理研究家でもプロの料理人でもないただの自炊料理人Uちゃん。

MALKスタッフのUちゃんとKちゃんのくすっと笑うような会話はいつも気になります。

 

Uちゃんの普段食べている料理に、なぜか興味深々のKちゃん。

2人の会話のやりとりを通じて織りなす、お料理ストーリーがはじまります。

“イマジネーション料理部”としてのこれからでてくるお料理を是非お楽しみ下さい。

さてさて、第一回目にでてくるお料理は何でしょうか。

 

 

EPISODE  1

「ねぇ、いまハマってるものある?」から始まるクラブ活動

ー 粒マスタードでポテトサラダ ー

 

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

のどかな休日の昼下がり。

MALKスタッフUちゃんの大好きな、穏やかでのんびりとしたひととき。

 

ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン   ワン・ワンワンワン

 

ちょうどコーヒーを淹れ終えたタイミングで、鳴リはじめた電話。

 

ワン・・

 

 

U : はい。

 

 

電話の主は、MALKの同僚Kちゃんだ。

 

 

K : あ、もしもし、Uちゃん? いま何してるの?

 

U : とくに何もしてないよ。 コーヒー飲もうとしてたとこ。

 

K : ふ〜ん・・・。 昨日の夜、雨すごかったね。

 

U : ほんとほんと、家に辿り着いたときにはスカートの重さがいつもの3倍になってた。

 

K:あははは、わたしも〜。 Uちゃんが昨日履いてたスカート、吸水性抜群だもんね。

 

U : そうそう。 途中で脱げなくて良かったよ。 ウエストの紐に助けられた。

 

K:あははは、ウケる〜。 ねぇ、ところでUちゃん、いまハマってるものある?

 

 

そう、Kちゃんの話はいつでも急展開なのだ。

しかし、Uちゃんはいつだってすかさず答える。

 

 

U : あるよ。

 

K : いいねぇ。 なになに?

 

U : 粒マスタード。

 

K : えっ! いまハマってるのは食材じゃないの!? 調味料ってめずらしいね。

 

U : そうかもね。 とにかくいまは粒マスタードだよ。

 

Kちゃんは、いつもなぜか同僚Uちゃんのハマっている食べ物に興味津々。

どうやら、その調理法を聞き出し、想像して楽しむのが趣味になっているようだ。

 

K : ふ〜ん、どうやって食べてるの?

 

U : いろいろだけど、最近美味しかったのはポテトサラダかな。

 

K : お!良さそう、良さそう。 どうやるの?

 

U : ジャガイモをチンして潰したところに、た〜っぷり粒マスタードを混ぜる。

 

K : うん、いいね。 美味しさイメージできてるよ。 それで?

 

U : ベーコンを角切りにして、美味しそうな焦げ目が付くまで焼いて、それに混ぜる。

 

K : うち、ベーコンないや。

 

U : ベーコンじゃなくても良いよ。 ハムとか、他のお肉でもいいよ。

 

K : へぇ〜。 そうなんだ。 お肉ならなんでも?

 

U : いいよ。 でもこんがり感は欲しいなぁ。 カリッと焦げ目ついてると美味しいからね。

 

K : 焦げ目・・・やった事ない。 丸焦げにしそう。

 

U : 観察してればだいじょうぶだよ。 多少焦げ過ぎちゃったとしても、それぞ香ばしさという味付けだよ。

 

K : ふ〜ん。 で?

 

U : ルッコラを食べやすくちぎって、ちょっとマヨネーズいれてさっきのジャガイモとかと和える。 あ、黒こしょうもしてね。

 

K : ルッコラ! 出たね、Uちゃん得意の苦み野菜!! そして、和え!

 

U : 出たよ。 いつも出るよ。 好きだもん。 でも、葉っぱは何でも良いよ。 私はクレソンとかルッコラとか苦みがあったり個性的な味なのが、粒マスタードと合う感じ

して好きだけどね。 ま、とりあえず何でも好きな葉っぱいれて、ちょいマヨと黒こしょうね。  それで出来あがり。

 

K : ほ〜。 うちのポテトサラダと全然違う〜。 キュウリとか人参じゃないのか。しかも、葉っぱは添えるんじゃなくて和えちゃう。

 

U : そう? これも美味しいよ。

 

K:うん、何となく美味しそう。 ところで、粒マスタードはどんなやつ?

 

U : 黒い蓋の瓶のどこか外国のやつ。 わりとトロッとしてて酸味も効いてて最高。 最近は、いつも大きいの買っちゃうんだ、好きすぎて。

 

K : トロッとした粒マスタード! その言い方いいね! 黒い蓋のやつね〜

 

U : そうそう。お魚にも合うし、案外いろいろ使えるよ。

 

・・・・・・・・・・

  •  

U : あ、切れてる。

 

 

ゆっくりと電話を切り、ちょっと冷めたコーヒーをひとくちすすり、何もなかったかのように読書に勤しむUちゃん。

Uちゃんの大好きなひとときは始まったばかりなのだ。

Kちゃんは、ポテトサラダをつくるのだろうか。

真っ黒焦げの何かが入ったポテトサラダが頭をかすめる。

ま、それはそれで良いよね。

 

 

とある休日の昼下がり

MALKスタッフUちゃんとKちゃんにより密かに行われているクラブ活動

それが、イマジネーション料理部

 

つくるひとは、料理研究家でも(もちろんプロの料理人でも)ないMALKスタッフ

 

一般自炊料理人、Uちゃんのつくるお料理を

Kちゃんと一緒にイマジネーションして楽しんでみませんか?

 

この新感覚のお料理コーナーは、またいつか更新される予定です

次回もどうぞお楽しみに

 

  • この物語は、事実を織りまぜたフィクションです